‐自己満足自動車模型工房‐

アクセスカウンタ

zoom RSS 1/24で字光式ナンバープレートを作ってみる Part2

<<   作成日時 : 2013/12/14 02:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

まさかのPart2が出来てしまいました^^;

もともとこんな記事書く予定はなかったのですが、新しい?試みを紹介するためとゴルフが全く進んでいないので、それを誤魔化すために(爆)
画像

今回は簡単ですが、「・・・」が難しい「・・・1」に挑戦。
「1」は簡単なのですが、「・・・」を抜くのはデザインナイフを刺して回転させるだけなので楽なものの、きっちり光がとおるように、しかも均一にとなると難しいです(画像では左の方が光っていませんね)
この4ケタ点灯ですが・・・
今回新しい試み?として、陸運(地名)、分類番号、ひらがなも雰囲気だけですが光らせてみました。
画像

恐らく写真を拡大していただかないとわからないかと^^;
一度は文字をしっかり切り抜くものの、文字の細さが推定0.1mmほどですので光が抜けないんですね。
ですので、細工方法に工夫を。
今まではナンバーベースであるクリアグリーンのプレートの上にアルミテープを裏に貼り4ケタを切り抜いたナンバー、その上からごまかし用の(苦笑)ナンバーカバーでした。
今回はナンバーベースの上に4ケタ部分を切り抜き、分類番号等小さい文字のところを四角く切り抜いたナンバーを。
その上から今まで通りの4ケタのみ切り抜いてあるナンバーを貼り付け(もちろん4ケタ部分のところにはアルミテープで遮光しますが分類番号等は透けるようにしてあります)。そしてその上からナンバーカバーです。
厚みが紙1枚分ほど厚くなりますが。。。
写真では光っているのかわからない程度ですが、実際に見ると文字が光っているのではなく、文字の周りが光っているようには見えてしまいますが、4ケタ部分のみ光っている訳ではないのでバランスよく見えます。

ここで以前分かり難かったであろう各ナンバーの厚みの比較。
全て同じカメラ、環境、距離関係で撮影。
・ナンバーのみ(写真用紙を直に貼り付け)
画像

・ナンバー+ナンバーカバー(カバー厚み約0.4mm)
画像

・ナンバーベース(厚さ約0.4mm)+アルミテープ(厚さほぼ影響なし)+ナンバーカバー
画像

・ナンバーベース+小文字ベース(アルミテープ+ナンバー下地)&4ケタベース(アルミテープ+ナンバー)+ナンバーカバー
※小文字ベースと4ケタベースは厚さ的には1枚の場合とほぼ変わりは無し
画像


ナンバーフレーム装着の関係もあると思われますが、やはり下2枚が特に厚いですね。
上の2枚は許容範囲なものの(というかナンバーのみが一番リアル)、下2枚はあからさまに飛び出してると言いますか、何か不自然。実車の字光式と同じですね(最近ここまで出ていませんが^^;)。

ココまでしてナンバーを光らせたいのか?
答えは「Yes」です。
1年前から考えていたものを遂に具現化することができました。
あとはLED電飾をする際に同時に字光式もやればいいのです。
目立たないかもしれませんが、それでいいんです。
「自己満足」ですから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1/24で字光式ナンバープレートを作ってみる Part2 ‐自己満足自動車模型工房‐/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる