4GCRES A6製作記 Part12

完成目標日まで3週間ほどとなりました。A6製作記Part12です。

3週間後にはとある場所で展示をするのですが、まだまだ完成には届かない状況。A6とは別に2台並行製作をしているのですが、、、そちらは製作記を書くことができないと思います(汗)

さて、A6ですがボディはほぼほぼ完成になってきましたね。
ここからはボディ細部を製作していきます。
まずはリアドアの窓枠。
画像
1mm角棒とプラ板で現物あわせで製作。反対側も同じ位置に接着しました。

次はシャーシ製作。一番面倒だと思っていたので今まで製作していませんでした。

はじめはプラ板で1から製作しようと思っていたのですが、案外難しいのでアオシマのクラウンなどのシャーシを使います。
まずホイールベースが違うのでシャーシを延長。
画像

どうせ下回りなんて見えないのでこんな感じで良いのです…(笑)
画像

裏から曲がらないようにプラ板でしっかり補強をしています。

さて、ホイールベースは良くなりましたが車幅がLSと同じになっているので
画像
こんな感じで超ツラウチになってしまいます。電車かよ…

なのでシャーシはそのままに、ブレーキ等がつくパーツ(ごめんなさい、説明できません…)を真ん中で半分にして外側に出して接着。この辺は写真を見せれば良いのですが汚すぎるのでごめんなさい、見せられません…

で、こんな感じの車高に仕上がりました。
画像

若干ハミタイな気がしますがギリギリを狙っています。模型映えを重視し?若干のキャンバーも付けました。
画像

前から見るとホイールのリムが見えますね(笑)これぐらいが模型的にはかっこいいです。個人的には。
画像

ちゃんと舵を切ることも可能。一気にクルマらしくなりました。

ちなみにシャーシを作っている途中に気づいたのですが、リアのホイールアーチの位置が左右で1mmずれていました。そこも修正してあります。まさかあんなところがずれているとは、、、(笑)
シャーシは形になったのでここでとりあえず終了。

再びボディ小物へ。
画像

ドアミラーを製作開始。200クラウンのミラーをベースにパテを盛り形状を作っていきます。ボディ側の三角形のパーツはプラ板、ドアミラーとボディ側三角形パーツはパテだけではなく虫ピンで芯を作ってあります。

次はグリル。アウディのフォー・シルバーリングスを収める位置がなかったので
画像

グリルの横バーを切ってエンブレムベースを製作しました。

ここで再びボディの再改修。歪み、ラインの潰れなどを修正します。
画像
画像

リア周りがかなりひどかったのがわかりますね(笑)

また黒サフを吹いて確認。
画像

確認するときにシャーシ、グリル、ヘッドライトをつけたくなってしまう…(笑)

ボディの形状は良いので筋彫りをしていきます。

自作のスジ彫りツールと虫ピンでスジ彫り。。。しましたが周りがボロボロになってしまいました。
画像

ホワイトパテで一度埋めて…
画像

再び彫り直し。うまくいきました。
画像

ボンネットが一部脱線していたりしますがこの辺は修正済。
反対側も同じようにやっている途中。ヘッドライトウォッシャーの部分のプラが薄く陥没したなんて言えません、、、(笑)
画像

リアのトランクも軽く筋彫り。。。ネタでクラウンのデカールを貼ってみました(笑)




というわけでだんだん完成に近づいてきています。

果たして今月末までに間に合うのでしょうか、、、

おまけ
先日黒サフの感スプレーを購入し、家でA6に吹くとなんだか色がおかしい。。。
画像

まさかのマホガニーサフでした(苦笑)
皆さんも塗料購入の際は、ご注意を・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック