4GCRES A6製作記 Part13

さて、ここ3週間ほど更新していませんでしたが・・・
ついこの前の日曜、26日に某所で内輪の展示会がありまして、それまでの暫定完成を目指しておりました。

結論から言いますと・・・無事完成いたしました。50人ほどの方に見ていただくことができ、とても大きな反響をいただきました。たくさんの先輩モデラーの方々や、実際にアウディに乗られているアウディに詳しい方などともお話しができ、とても良い会でした。

さて、暫定完成はしましたが製作記がまだ途中ですので引っ張らせていただきます(苦笑)

さっそくヘッドライトをもっと細くリアルにしました。
画像

内側に3つ、ルーバーのようなものを製作。
画像

横から見た時のこの密度!良いですね(笑)
画像

左が加工前、右が加工後のヘッドライト。こう見ると差が一目瞭然ですね。
ヘッドライトをいじっていたらヘッドライトの形状が不自然な気がしてきました。
フェンダー側の形状が丸まっていたのが原因でしたのでかくばりをもたせるよあけずっておきます。
画像
単純に角の丸まっている部分を少し削っただけなのでヘッドライトインナーとの合いが悪くなるということはありませんでした。

ミラーも200クラウンのミラーをベースに製作。
画像
土台の三角形は1mmプラ板、ミラーと土台は裏から虫ピンで固定してあります。

続いて一番やりたくなかったドアノブのくぼみ。ペンで形状を下書きしてリューターでガリガリと。
画像

あーやりすぎた。4個中2個失敗しました(笑)

リアバンパーもさらに立体化。
画像
ディフューザー部分とボディ部分の境目をきっちり出すために1mmプラ角棒を貼りエポパテで整形。
ここでサフ塗装…のはずでしたがやはり何度見てもトランクが長い。セミスクラッチなのである程度の違和感は覚悟していましたがちょっとこれは…
画像

ということでバンパーはそのままに、トランクのみ2mmほど短縮。丁度良くなりました。

画像
画像

削りすぎたドアノブのくぼみやクレーターなどを修正してサフ→ボディカラーをのせてみます。
画像

ボディカラーはブリリアントブラックの予定でしたが、やはり明るい色の方がかっこいいと感じたのでタミヤのチタンシルバーで塗装。画像は既に塗装後修正していますが・・・
実車のカラットベージュMに似せてみました。もし乗れるならこの色が一番好きなんですよね(笑)
画像

そしてボディはまた修正に入ります。
画像
まだまだ完成ではありませんよ!
ヘッドライトは内側の部分にミラーフィニッシュを貼ったのですが…
画像

フラッシュを焚かないと全く見えません(笑)

そして写真でチラッと見える内装は…
画像

どうせ見えないのでタミヤのNATOブラウンを筆塗り…
画像

しましたがすぐ気に入らず剥がしました。サフの吹きすぎでボテっとしていたので…

そして再びボディの細部修正。フロントバンパー下部の形状が曖昧だったので特に修正をしています。
続いてドアノブ製作。
図面からドアノブの形状を写し取り
画像

1.5mmのプラ板をそのように切ります。
画像

それをボディに貼り付ければドアノブの完成。ドアノブ一つで一気にクルマらしくなりました。
そしてここで全部のパーツを組み付けます。
画像

画像

だいぶクルマらしくなりましたね。テールランプとクリアパーツを製作すれば形になるのはもうすぐです!

次回に続きます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた 驚いた 驚いた
ナイス

この記事へのコメント

2016年07月04日 20:52
いいボディカラーですね。何回もやりなおしてようやくあと一歩まで来ましたね。完成が楽しみ、、、ってもう完成してるんですね、つぎの記事が楽しみ。。。
2016年07月06日 22:01
nas-nasさま
引っ張ってすみませんねぇ・・・(笑)

この記事へのトラックバック